農業というよりは、ケモノ対策のBLOGになってしまってすみません。しかし、状況から判断すると更に色々な手を打つ必要がありそうです。昨日は会所区の草刈りがあり、午前中は刈払い機をかついで近所の道路脇の草を刈って回りましたが、休憩の時は車座になってケモノの話題に終始しました。イノシシ・サル・シカ・キョン・ハクビシンなど、まさに総出で荒らしている感じです。お隣の牧場の畑には飼料用のコーンを植えてあるらしいですが、口にくわえて両脇に抱えてサルが取っていくそうです。一度姿を見てみたいもんです。しかし本当に、私が来てからの3年半はひどくなるばかりです。
 うちの農場では、1週間ほど連続して入っていたイノシシは油断はできないものの一段落しましたが、続いてサルが入りそうな気配です。先週も2回ほど入りかけ、水際で阻止しました。いずれも私が田んぼにいたときのことでしたが、いないときも入ったり入りかけていたかもしれません。しかし、奥まで入ってくるとサルの大好物カボチャやトウモロコシがあるし、田んぼに入る習慣がついたまま米の収穫期を迎えるわけにはいきません。

ab511d85.jpg

     設置済みのパレットフェンスは、延長160m位
     丸太柱に高圧線を配置する

 そこで、すでに設置済みのパレットフェンスにサル防御用のワイヤーを張ることにしました。先ほどホームセンターに行って材料を買ってきましたが、塩ビ管を丸太の上に取り付け、それに高圧のより線を架けます。少し離してアースの線を張ります。両方同時に触るとビリビリと来るわけです。今までの観察では、丸太のところで出入りしていましたが、一応丸太柱の中間でも2本の電線が適当な間隔を保つような工夫もしてみようと考えています。
 また、塩ビ管は13ミリφのものを使いますが、少し余分に買ってきました。ロケット花火発射装置用です。8連発は重いので、4連発くらいで背中に背負えるものを作り、田んぼに入るときなどに携帯できるようにするつもりです。今晩にでも事前作業を行い、むこうに行ったらすぐに組み立てられるようにしておきます。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。