2261aeb0.jpg


 一昨年の夏、コストコ大好きな弟が買ってきたビニールプールは、その後毎年活躍している。最初の年は何も考えずに玄関の真ん前に置き不評だったが、毎年設置場所などについては改善を続けている。このプール、直径が3m水深は70cm程度だから、4t弱の水を飲み込むのである。ちょっと水を入れただけで底のしわも伸ばせないほどの水圧がかかるから動かすなんてとんでもない、慎重に場所を選ばなければならない。例えば去年は、場所は今年と同じところにしたけれど、水抜き栓の位置が高い方になっていて、撤去時にちょっと厄介だった。

45ea2a2f.jpg


 しかし、問題は場所だけではない。当家の場合は井戸の水を張るのだが(実は水道がない)、水温は16度程度である。入れた後最低でも半日くらいは陽光を当てないと水温が上がらない。今回も、プールを楽しみにしている連中が水曜から来るということで、火曜夜から農場に入って早めに水を入れたが、水曜の朝は曇りで水温を上げる太陽の光は昼前くらいまで届かなかった。それでも訪ねてくる子供たちは大喜びで入ってくれる。二日目の今日は水温も上がり、大人もみんな入った。子供にも大人にも田舎は必要だ。

c3a1358b.jpg


 ところでこのプールだが、空気を入れるのはブルーのリング状のところだけ、水を入れるとこのリングが浮き上がり、ビニールの壁を持ち上げるため、水を入れれば入れるほどピーンと張る感じでしっかりする。なかなか巧妙な仕掛けである。いろいろ調べていたら、セットになる浄水器もあるようだ。10日も置くと底がヌルヌルになってくるから、そんなものも必要かもしれない。もっとも、いくら夏でも普段必要かというと、それほどのものではないかもしれない。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。