524e2527.jpg


 この冬は、沢水が続く限り田んぼに水を張るつもり。「生き物と共に作るコメ野菜」という言葉は、名刺にサブタイトル的に入れている言葉だが、来年はこの言葉通りにコメを作ろうと、肥料も生き物に作ってもらうことにした。いちばんの基本は植物性プランクトンだ。それをエサにする動物性プランクトン、さらに上位にはイトミミズ、あとは色々。
 ということで、田んぼにはいろいろなものを投入している。ハーベスターがはき出したワラ屑、稻ワラ、モミガラ、米ぬかなど。田んぼの中には結構色々なものが溜まってきた。いずれも生き物を発生させ増やすためのものだ。一度乾いてしまったので、今はあまり姿が見えないが、冬になる前にミジンコなども顔を見せるだろう。それから藻なども出てくると期待される。

2ab5ea88.jpg

      1号のひこばえ

1b5bf6d2.jpg

      2号のひこばえ
 
 ところで、田んぼにはひこばえが出ているが、その元気さはコメの出来具合と高度の相関関係にあるようだ。根の出来具合に因っているらしい。4号はすごく元気、1号はまあまあ、2号と3号はかなり貧弱。コメの出来具合そのものである。来年は、根がちゃんと張るような苗にするよう努力したい。

9e60b595.jpg

      3号のひこばえ
 
1a2702cb.jpg

      4号のひこばえ

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。