松本は以前から縁のあるところだった。娘が大学生時代を過ごしたところであり、卒業したあともマンションを手放さずにいたので、長い休みが取れそうな、あるいは見物のあるときにはやってきていた。農業を始めるより少し前に処分したので、それ以降足が遠のいていたのである。先週、折り込みにとても安いホテルチェーンの広告が入り、浅間温泉のホテルが載っているし、そういえば今頃は紅葉の季節じゃないかということですぐに予約して今日やってきた。「サンデー毎日」とはありがたいもので、なんの懸念もなく平日に出かけられる。我々の場合、収穫と直売所開店のことは考えなければならないが。

69dc0151.jpg

 
 今朝は比較的早く起きて松本までやってきた。八王子までの16号は混雑しており、2時間以上掛かったため9時までの通勤割引には間に合わなかったが、その代わり橋本のちょっと手前で他より8円くらい安いエネオスのセルフスタンドを探し出したから、ちょっとは取り戻せたかもしれない。道中は、紅葉はちょっと早いという感じ。海抜1000mのあたりでまあまあというところだった。

98c07e7f.jpg


23dfcb33.jpg


松本に到着し、取りあえず美ヶ原高原まで上ってみた。途中には紅葉した樹もあったが、上の方は落葉松林でこれもなかなかいい雰囲気である。高原の秋を楽しんだあとは、定年帰農者連絡会メンバーのYさんを訪ねた。この春にそれまでの仕事をやめ、ご両親の農業を継ぎながらいろいろなことに挑戦をされるということで、我々はその一つである古代米(朝紫)の種籾を持参したのだった。田んぼだけでなく、天蚕・ホタル・ワサビなど、私にとっても興味深いことをやるらしい。Yさんのご両親はお元気で、90歳になるお父上といろいろ話をさせていただいた。さすがに色々な知識をお持ちで、すぐそばで受け継ぎながら農業をやるYさんは本当にうらやましい。

78a91419.jpg


118264bd.jpg

 
 ということで一日目が終了し、宿泊先に向かうがあっという間に到着。I園ホテル浅間の湯というところだが、浅間温泉の温泉街の中にあって、ちょっと古めの建物。なんと私の元の勤務先が寄贈した時計が置いてあったから、買いたたかれた元の持ち主はお得意さんだったようだ。温泉はちゃんとしている。夕食はバイキングだが、まあとにかくおなかはいっぱいになった。カミサンは、カニと甘エビとビール二杯と熱燗一本で、満足したらしい。何しろ、7,800円の1,000円引きだから期待しなければ納得というところだ。年金生活者にはもってこいといってもいい。お客さんは大体同類だった。ただ、せっかくだから非日常的なもてなしがいいという方には全く不向きであることはいっておこう。
 
 明日は安曇野の方に出かけて紅葉狩りである。帰りは通勤割引を活用したいものだ。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。