今朝になって様子を見に行くと、二山のうち一方は真っ黒、もう一方はモミガラのままだった。モミガラの方は中もあまり燃えていなかったので、黒い山にモミガラを寄せて芯の燃えている部分を取りだして水をかけて完成とした。この違いは燻炭器が原因だった。ボロボロになっていた古い方は初めにモミガラが中に陥没していたくらいだから、よく燃えなかったようだ。一方、買ったばかりの燻炭器はやはり性能がいい。これまでなら夕方から始めて翌日の午後までかかっていたものが一晩でできたくらいだから。

 ところで、残りの一山が安定状態となったので、もう一杯モミガラをもらいに行くことにした。また長生村のSさんと連絡を取り、それぞれ二杯目をいただいた。戻ってきたらほぼ焼けていたので、注水して消し始めた。乾いたら二杯目を焼く予定。

e793d8d4.jpg

    中はほぼ黒くなっており、この少し後に混ぜて水を入れた
 
759dc4ff.jpg

    昼過ぎに帰ってきたときの写真
    手前の小さい山は消したつもりだったが、しぶとく燃えていた

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。