夕方、燻炭の見張りをしながら田んぼを見ると水蒸気が上がっていた。昼間の太陽の光で水温が上がることはよくあるから、その現象かと思ったがちょっと様子が違う。田んぼに流れ込んでいる沢水からも水蒸気が上がっているのである。頭の中では沢水の温度は低いと思っていたのだが、周年おそらく16度くらいの沢水の温度が暖かくて水蒸気が出るほど気温が低いということらしい。空には冬の代表オリオン座が出ていたが、本当にもう冬だ。明日の朝はさぞや寒いことだろう。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。