ce153f87.jpg


 昨日は15時頃から東京に出かけたため、朝からかなり慌ただしかった。起きたら燻炭は真っ黒になっていたし、あわててモミガラを被せたが手じまいを考えながらずっと様子を見る状態。並行して大豆の脱穀を始めるが、ある程度溜まったら唐箕の試運転も始める。

7eb165d7.jpg


 その結果は、いろいろな問題が発見された。まず大豆が用意した容器に収まらずあたりに飛び散った。大豆というものは板などに当たると跳ねっ返るものだった。唐箕の内部の色々なところに当たったり、下のプラ箱に落ちても跳ねっ返り、元気なものである。下の方は相当隙間が空いていたので、応急的に段ボールで塞いだ。プラ箱には新聞紙を敷いた。一応これで大豆は何とか大人しくなった。
 もう一つの問題は莢が風で飛ばずに下に落ちることだった。下に落ちた莢の中には豆が入ったままのものがあり、これはいいのだけれど空の莢も落ちており、それは飛んで欲しいのである。これについては、底の板を扇風機側にずらしてある程度解決した。しかし、扇風機は強で運転しているが、ちょっと力不足かもしれない。
 そんな状況なので、来週以降の第3次脱穀までに改良することにした。まず、下の隙間をなるべく塞ぐこと、豆の当たるところにはクッション材を貼ること、風圧を強くする工夫をすること、そんなところだろうか。

5818dcf8.jpg

 
 今朝は9時過ぎから雨になった。雨量もかなりと見込まれたので、干してある残りの大豆を軽トラに載せて納屋に待避させた。そんな具合でで野良仕事もできなかったため、手作業による大豆の選別は捗った。途中で鴨川に出かけて網やふるいを色々買ってきて、能率はさらに向上した。第2次脱穀の大豆は、唐箕なしでも7~8割程度選別がすんでしまった。今年の大豆はかなり出来がいい。明日からは天気がよさそうなので、また軽トラの荷台から戻して天日干しだ。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。