今日のお昼前、製作済みの燻炭から煙が上がっていた。金曜の午前中には注水して消火し、溜まった水をできた燻炭のあちこちにかけたし、夜帰宅したあとにも消火を確認した。更に、土曜日は午前中から雨が降り始め、夜半まで50ミリ程度は降ったはずだから、煙を見たときには信じられなかった。
 1回目に作った燻炭の山とは近接しているので、もし気付かなかったらすべてが灰になるところだった。だんだん一度に作る量を増やし、今回は結局軽トラ1台分を一度に焼いたので、できた燻炭の山も大きいため、水が届かない奥の方で火種がしぶとく残っていたらしい。少し浅めの穴を掘り、消すときはそこに水を流し込むという念を入れた消し方をしていても消えないことがある。どうぞご注意下さい。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。