2b1176dc.jpg

    土の見えている部分を田んぼの水面より上まで嵩上げする

 色々考えていたのだが、今年の冬は田んぼを少し広げることにした。屋敷からもっとも遠い山側は、造成当初から無駄な空きがあり、1年後の2009年暮れに拡張したのだが、まだ無駄なスペースがある。無駄なスペースは全く無駄というわけでもなく、例えば番小屋を造るスペースになったりする可能性もあるが、やっぱり夏の間は草がはびこりとんでもないことになってしまう。

0ddda672.jpg

    川に沈めてある水中ポンプからの水が手前に入ってくる。
    そこには小型水中ポンプがあり、上の田んぼに水を揚げる2段階方式

 今日は、拡張予定地の地下に埋まっている配管(川からの揚水の通路)を掘り起こし、1号田んぼの横から工事を始めた。現在はパレットフェンスの内側に1m弱の通路を配置しており、そこと田んぼの縁の間に無駄なスペースがある。今回は通路の部分を高くしてその内側はすぐ田んぼという形にするつもりだ。田んぼの実質面積は100平米弱しか増えないが、草を刈らなくていい面積がその分減るわけだ。これ以外に4枚の田んぼの間にある土手や畦なども少しつめようと考えている。
 
97fda63e.jpg

    造成中の通路の右側が拡張部分
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。