暮れに農業関係の月間雑誌から記事の依頼が飛び込んだことは書いた、「原稿依頼が舞い込んだ」。先日、同じ雑誌の別の編集者から連絡があり、あらためて取材の依頼があった。今度は、管理機で畝立てをするのに苦労している人に、畝立て用のアタッチメントを作っている会社の人がアドバイスをするという記事らしい。まあ、管理機も畝立て用のアタッチメントも持っていて使ってはいるのだが、そういえばすべて自己流でやっているし、会所の土は粘土だから培土器の羽根を割ったことも2度ほどあるし、いい機会だと思ってOKした。今回は勉強にもなりそうなので、定農連メンバーの皆さんにも参加を呼びかけている。

 この春は、農業関係のムック本「農場で雑誌の取材を受けた」と今回の雑誌記事2本に載ることになった。サラリーマンをリタイヤしてからは、すっかり予定表がヒマそうな様子になっていたが、ときどきこんな予定も入るようになった。ただ、こちらは4年しかやっていない農家だから、大したことはない。ちょっと多すぎるような気もしている。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。