ゴボウといえば「現代農業4月号」に記事が載るらしいが、収穫が容易な波板栽培分以外はまだ畑に残っていた。借り畑の高畝栽培分が最も多く残っているので(といっても40株程度だが)、マイクロユンボを引っ張り出して掘りに行った。

b1453260.jpg


 ユンボで畝の両側を深く掘り、シャベルと小さい鍬で慎重に土を取り、ゴボウを残していく。列柱のようになるが、収穫というより発掘に近い。太さはまちまちで、3分の1くらいはかなり太い。畑におきすぎたせいか、傷んだものも散見される。

63f49a79.jpg


 写真に写っているものは本日収穫した分の3分の2くらい、ただ全体の3分の1程度はカミサンの品質チェックではねられて堆肥箱にいったので、今日はこのくらいの量穫れたことになる。
 今日はとても北風が冷たく、帰宅してからユンボのドロ落としをやって、そのまま作業終了とした。まだ明るいのに、井戸の周りの水は凍りかけていたから、明日の浅はかなり寒いと思われる。
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。