a691e510.jpg


af5d5b75.jpg


 40㎞規制のアクアラインを渡って農場にやってきたら、ハウスの天井のビニールが半分ほどはがれてフワフワしていた。風は吹いていたがそれほどと思わなかったのでかなり驚いた。降りしきる雨の中で現場検証をすると、ビニールを留めるマイカ線を縛っていたパイプが曲がったり外れたりしており、さらに調べるとパイプを留めていた杭が何か所か抜けていた。どうやら強風のため一番端の杭が抜け、連鎖反応で隣の杭も抜けという感じでパイプが曲がってしまった模様。杭については抜ける懸念があったので、途中で本数も増やしたのだが、単なる異形鉄筋の杭では今日の風には間に合わなかったようだ。

80211cf0.jpg


046e5ef9.jpg


 早速復旧を考えなければならないので、ホームセンターに電話してラセン杭を確保し、マイカ線緊結用の22ミリのパイプを注文し、大多喜まで杭を取りに出かけたが、帰ってきたら天井のビニールはさらにひどい状態となっていたので天井ビニールも追加注文した。まだ働いてもいないのに大トラブルである。
 
 復旧の工程だが、ビニールを外して腰壁部は裂けた部分を修復し、その後緊結パイプの位置に水糸を張り、ラセン杭を打ち込んでこれまでの杭も足し、ビニールを張るという手順になる。日曜日にも風が吹くというが、本来この程度の風で問題が起きてはいけないと思うので、復旧を急ごう。
 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。