マコモはイネ科の植物で、晩秋には根の部分がマコモダケという珍しい食材になることから、2年前から4号田んぼの西側(これまで深くして池にしていた)部分で栽培していた。しかし、2m近くに成長するためにケモノたちの隠れ場所になるという問題があり、昨年も刈払機で何度か葉を切っていたため、マコモダケもほとんどできなかった。このため最後は地上部(水上部)も焼いて栽培をやめることにしていたのだった。

5ae82175.jpg


 春になってから、マコモを植えていたあたりには新芽がたくさんでき始めており、しかもかなり元気がよい。株分けでも増えるらしいが、かなりの数だから気づかないうちに種ができてばら撒かれていたらしい。このマコモという植物、私はどこかの直売所で偶然数株手に入れたのだが、タネも株もなかなか手には入りにくい。育てるには田んぼかまたは湿地のような場所が必要になるが、今日ものある方には新芽をお譲りするのでご連絡ください。
 
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。