田植えの時期が近付き、一通り代掻きも終わったので、川から水を揚げることにした。ところがそれには問題があった。3月頃だったか、用水配管の完成時にちょっとポンプを一瞬動かしたことがあり、そのあとポンプが全く動かなくなっていたのである。

d4932d9d.jpg


b6cdca8d.jpg


 もしかしたら、農事用電力の開始日前に使ったから東電が止めたのかと思ったが、電気は一応来ているようだ。漏電ブレーカーも落ちていない。設置を頼んだ電気屋にみてもらおうか、と思ったがその前に自分でチェックしてみようと、ちょっとアヤシイ箱を開けてみると、リセットボタンなどがみえる。これをちょっといじりながらスイッチを入れたら、無事ポンプが動き始めた。

5fee62d8.jpg


 うちの揚水システムは2段階になっている。まず川に浸けてある水中ポンプで田んぼの一番下のレベルにある池にあげ、そこから小型の水中ポンプで1~3号のどれかに入れるようになっている。0.5立米の小さな池がバッファになっていて、下のポンプは常時運転上のポンプは池が一杯になったら運転、空になったら停まる仕組みになっている。今日測ったら、上のポンプは95秒運転して315秒止まるという具合になっており、下のポンプの能力がちょっと負けている感じだ。以前のデータが見つからないが、もうちょっとバランスが取れていた感じがする。三相交流のモーターの場合、位相が間違っていると出力が弱いらしいが、チェックしてみると間違ってはいなかった。もしかするとポンプが弱っているのかもしれない。以前は8立米/毎時程度出ていたと思うので、明日計測して比べてみるつもりだ。

7c7271a9.jpg

      上のポンプは順調、一番上の1号でもこの勢い

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。