イモ類は会所農場の売り物だが、サトイモもその一角を占めている。今年は1か月ほど前にカミさんが植えたが、毎年なかなか芽が出ず、出揃うのは6月に入ってからになる。ところがこの前カミさんが堆肥置き場の蓋とビニールを開けたら、そこに捨ててあったイモから芽が出ていたのである。堆肥の熱で、畑のイモよりも早く芽が出たらしい。

f593f3dc.jpg


 ということで、今日はサトイモを追加で定植した。狭いところで縮こまっていたから曲がっているが、だんだんまっすぐになるはずだ。前に畑に植えたものは一割程度しか芽が出ていないのだから立派なものである。ただ、このあたりではバカと呼ばれている石川早生ばかりで、八つ頭や赤目の苗はないようだった。バカと呼ばれるのは、バカのように仔イモがつくかららしいが、頑張っているイモがかわいそうである。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。