うちの田んぼは山から出てくる水をあてにしているので、降水量については当初から関心があった。このため、WeatherNews のサイトの実況天気(大多喜)のデータを借りることにした。入植したのは2009年2月だが、その時点で遡れる2006年初めからの毎日の雨量をエクセルデータとして整理してきた。
 前は沢水の量と降雨量の関係を分析したりしていたが、川からの揚水に頼る割合が増え、沢水の量と雨との関係が想定式からズレてきたこともあり、昨年の9月ごろからデータの収集をサボっていたのだった。最近は沢水の量の計測も同様にサボっている。

          「沢水の量と降水量の長期変動について

 一応7年半分(2,700日余)の日間降水量データが整理できた。使い方はこれから再検討だが、以前の沢水水量予測のベースにしていた直前30日間の降水量水位のグラフをアップしておこう。
 
551582cd.jpg

入植当初と現在では、降水量と沢水量の関係が明らかに変わってきているので、そのあたりから調べてみることにする。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。