前置きが長いので、一つのケースとしてシムフリーのタブレットを選んでみる。人それぞれ、ベストな選択は人によって違うので、ケーススタディ式で書いてみよう。
 これは、サラリーマン時代の同僚から、会社のPCでGmailを使ったり趣味に関連したことをやるわけにはいかないということで相談を受け、薦めたものである。
 ASUSのFONEPADが発売になったばかりで、ASUSネットショップでIIJMIOの500M定額シムつきで29,800円で売っていたものを購入。最初の500Mを使い切った後は月額945円の契約に切り替えて継続使用中らしい。
    現在もセット販売は続いているようだ。これなら通常開始時に必要なシム代
    3150円は不要となる。
 この人の場合、電話は普通の携帯を今後も使うため、通信ネット接続専用機ということになる。FOMAプラス圏の田舎ではつながらないことがあるが、通常のサラリーマンの生活圏では問題はないだろう。ASUS FONEPAD以外にもベストセラーのNEXUS7にもシムフリー版があるし、NEXUS7(2013)でも出てくるかもしれないし、新型が出たら旧NEXUS7の中古は安くなるし、このパターンなら色々な選択肢は多そうだ。電話として使うなら、050PLUSが使えないことはないが、7インチのタブレットで電話するのはどうかなあ。自分は平気でも、他人からみたら異様ではないかと思う。 …続く…
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。