3b291b4f.jpg


 ちょっと前までサル対策で、畑(特にカボチャ)を保護するために生体センサーを配置していたが、先週その配置を大きく変更した。田んぼを取り囲んで4台を配置しており、北の隣地側は外部向け、西の山際は内部向けにしてある。昨年、毎日のようにイノシシが来ていたのは北側で、こちら側は柵のそばにやってきたときにチャイムが(家の中で)なるようにしてある。西側からは、ほとんど害獣は入ってこなかったので、入ってきてしまった時になるように内側に向けた。こちらの方はどちらかというとサルの侵入を警戒した形である。
 先行して張った防獣ネットも有効なはずだし、外周部はこれで良しとして、あとは作物ごとを電気柵で囲う方法を行う予定だ。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。