取材を受けたときなど、確かBLOGにも書いたと思うが、人生の達人(KKベストセラーズ発行)に記事が載りました。テレビの「人生の楽園」は別にして、「現代農業」などの農業に関係する雑誌などには載ったことがあるが、今回はそれらとはちょっと趣が違うものだ。この雑誌は、歴史人の増刊として刊行され、今回が3号目。50代からの企業ゼミというテーマの農業編ということになる。
 そのような内容なので、当初の投資額とか農業関係の収支、家計収支などの金銭関連の情報を求められた。普通はそうした情報は出さないものだが、定年世代に農業を始めてほしいということは私にとっての重要なテーマだから、大体の情報を開示してみた。
 あらためて読んでみると、半自給自足ということと農業以外のことをやっている暇がないということから、生活費はずいぶん少ないということがわかる。また、農業収支は赤字で減価償却分を除いたキャッシュフローベースでようやくトントンになる勘定だ。しかし、そろばん勘定では現れない大きなメリットがあるので、そのあたりはライターさんに強調したので、ちゃんと書いてあた。
 定年後どうもダラダラしていて何とかしたいとか、定年を迎える前にいろいろ検討しているといった方には、参考にしていただけるかもしれない。
 



今だと、「現代農業」にも記事が載っている。これは私が書いたもの。方向は全く違うが、定年世代が農業を始めるというところは共通している。都会でも大きな本屋さんなら置いてあると思うので、立ち読みしてみてください、2冊とも。




 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。