今年はイネを最後まで守り切った。草にやられたので収穫量は期待ほどではなかったが、一昨年・昨年よりは多そうだから贅沢は言わないことにしよう。ただ、甚大な被害を蒙るイノシシは入らなかったが、タヌキ程度の小動物は来たようで、田んぼの中にモミガラが落ちていたり、田んぼの脇に糞があったり、栗のイガが転がっていたこともあった。
 うちの田畑を我が物顔で歩かれるのも癪だから、毎晩巡回は欠かさない。今晩の場合は田んぼの向こう側の山に青く光る眼が見えた。タヌキサイズである。ライトで照らすとこちらを注目している。一旦玄関に戻りロケット花火を携えてそのあたりを見ると、まだ目は光っていた。何発か打ち込んだが逃げていった模様。

 ところで、その前後にあたりを見回すと、まったく違う方向でオレンジ色の目が光っていた。こちらは樹の上なので、おそらくフクロウではないかと思われる。青い目の方を撃つとフクロウが逃げるように思ったが、仕方なく発射。今年は毎日のようにフクロウの鳴き声が聞こえるが、今年はイノシシが来なかったのでロケット花火もあまり使わなかったので、そのせいかもしれない。去年は9月を中心に1000本以上は使ったから、フクロウも避けていたに違いない。
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。