524e2b44.jpg


 毎年この時期になると、冬の間何をやろうかと考える。大抵の項目はなかなか実現しないまま春になり、また次のコメ作り作業などに突入してしまう。じゃあ、考える意味がないのかというとそんなことはない。なにも考えずにいると、これ幸いと時間は走るように過ぎていき、なんの改善もされぬまま次のサイクルが始まってしまうから、まあ考えないよりはましだろう。ということで、既出の項目がほとんどだが整理してみる。

94252b72.jpg

 
 まず田んぼの関係だが、毎年少しずつ良くなって最初に比べるとずいぶん改善されたが、まだ完全な水平ではない。今は水がたまっているのでチャンスである。この均平作業は機械よりも人間の方が得意なものの一つで、厳しい肉体労働だが早いうちにやろうと思う。田んぼの関係のもう一つは用水関係だ。沢水については水源地の堰と取水装置、川水揚水関係では夏に設置した中間のタンクの位置をちょっと変更するという作業がある。均平作業が2週間、用水関係は1週間ずつ程度必要だろう。
 害獣対策では、外回りの柵の各所補修が必要だ。丸太が何本も倒れており、これを起こしてパレットを並べ直す仕事がある。パレットフェンスは150m程度で、その補修は1週間程度。
 次は農機具小屋だ。床は旧倉庫のもの(10平米弱)を移設し、それを活用する形で単管で小屋を作る。床にコンクリートを打つかどうかで工程は変わるが、10日から2週間程度か。それと、単管の稲架の補修(再設置)。これは1週間はかからない仕事だろう。ビニールハウスは、1棟目の補強と2棟目の設置を行う。これは両方で1週間程度だ。

6e673276.jpg


 列記したコア作業に要する期間は8週間、こればかりやるわけではないし、3か月ほどの間に適切に配置したマスター工程作りをしなければならない。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。