雨が降ってきた午後の後半から小屋の検討を始めた。位置については上の畑の道路側、トラクターゲート脇に決めた。検討してみると生コンや砕石をある程度の量使うし、道路からすぐアクセスできる位置がいいだろうと考えた。家からは離れているが、田んぼ回りも含めて意外にこの程度の空いたスペースはない。

cae37226.jpg


 小屋の前に解体したスチール倉庫の床の鋼板を並べて、泥を落としたり機械を仮置きしたりする場所とする。ハウスの周りには20cm幅程度の犬走を配置する。床は砕石(120mm)+コンクリート(120mm)程度、アンカーを設置して小屋を留める予定。
 土間コンは1.3立米、砕石は1.6立米程度必要で、生コンの購入先と砕石の購入先運搬方法を調べる必要がある。砕石は再生だと3.5t程度はあるはずなので、積載量350Kgの軽トラだと10回運ばなければならないことになる。小型ダンプ1台買ってザザーッと降ろしてもらうか。生コンはミキサー車から直接降ろせる位置のはずだが、問題は左官仕事をできるかどうか。
 という具合に色々考えることがあり、相当面白い。計画1週間、土工事・砕石敷・型枠などに2週間(実働8日)+小屋組立期間という感じだろうか。

(追記)

9344a76d.jpg


 工程も考えてみた、一応12作業日程度のようだ。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。