霜が降りてからサトイモの収穫を急いだため、普請関係の検討からちょっと遠ざかっていたが、一段落したので再開している。今まではコストコのLIFETIMEで行こうと考えていたが、ここへきて再検討の必要が生じている。横浜の知り合いYさんは、コストコの小屋を検討していたが、配送付きの同種製品(KETERのハウス)を購入して建てたのである。床についてはコンクリートを打ったらしいが、やはりハウス自体の強度には問題がある、デザイン的にはいいけれど、という意見だった。それから、ねじはタッピングねじで頼りない感じのようだ。Yさんは、確かログハウスも自分で作っており、その判断には重みがある。
 同規模のスチール製のものは大体2倍程度の価格だが、倉庫を中止したので予算的な制約はない。しかし、それよりなにより陳腐なデザインを我慢する必要がある。Yさんの指摘では、特に壁と床の接続部などが特に弱いという。KETERとLIFETIMEはよく似ているが、壁周りの考え方は少し違っている。前者は細い柱を立ててそれに壁を取り付けるが、後者は壁自体が柱を兼ねるような構造になっているようだ。また、KETERはタッピングねじ、LIFETIMEはボルトナットという違いもある。このあたりの違いを分析し、さらにLIFETIMEで補強が可能かどうかも考えて結論を出すことにするつもりだ。


LIFETIMEの製作ビデオ




KETERの製作ビデオ



代替案 イナバ製作所 ドマール(FXN-95HD) 実は最適サイズだ



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。