二泊にしたため昼間の時間に余裕ができたので、昨日はホテルでやっている(正確にはnatural bizという会社が受託している模様)スノーシューウォークに申し込んで、午後の2時間ほどかけて五色沼のほとりを洋風カンジキで歩くというミニツアーに参加した。

52431448.jpg


 もちろん何も持って行かなかったけれど、スノーシューというカンジキのようなもの、ウエア・ブーツ・帽子・手袋はすべて貸してくれる。ホテル内の集合場所で衣装合わせとスノーシューの装着方法の説明があり、それからホテルを出て駐車場の隅でシューを履き、ガイドさん2名に挟まれてコースに向かう。メンバーは我々2名と母娘2名の2組、母娘組は当日1時半に到着したホテルのバス(東京駅発:我々は前日乗ってきた)でやってきたようで、事前のリサーチがちゃんとしていれば1泊でも参加できるのだ。

babebc79.jpg


 片道1時間弱のコースで、るり沼までを往復する。途中は50cmほどの雪に覆われた遊歩道で、長靴などだったらめり込んで歩けそうもないが、スノーシューは優れもので、スルスルと歩いてゆける。途中、色々なところで自然についての説明をしてもらう。

5a50ad59.jpg


例えば動物の足跡だったり、木々の実などの説明である。大多喜で過ごすようになってから自然にはかなり詳しくなったが、例えばウサギの足跡はわかっても進んでいる方向はわかっていなかったことが判明した。
   ‥:  ‥:  正解は→ 私は左向きと思っていた。

da95e113.jpg

      るり沼

 目的地のるり沼ではメープルシロップのおやつが出た。それも悪くはなかったが、沼の水の色がとても綺麗でそれが素晴らしかった。るり沼も綺麗だったが、一つ手前の青沼もやはり素晴らしい。この青色は水に含まれるアルミニウム化合物のせいらしい。磐梯山は125年前の明治時代に水蒸気爆発で土砂を吹き飛ばし、それでこのあたりの湖沼群ができたそうだが、アルミニウム成分もその時に飛んできたものらしい。

194e5aac.jpg

    これは青沼
 普段とはちょっと違う自然との接点を体験し、なかなか面白かった。別の季節、雪のないころにも来てみようと思ったが、果たして時間を作れるだろうか。
 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。