先日、予約して買った雑誌「ステレオ」にはオーディオ用のアンプが付録になっていた。もちろんそれ目当てで買ったのだが、昨年の夏に買った同じ雑誌の付録「スピーカー」を放置していたことを思い出し、箱を買って入れてみた。ボックスはFOSTEXというスピーカー専業メーカーの10cm用のものをamazonで購入した。これが一番安そうだったから。

27cb1a7d.jpg

    スピーカーもアンプも発掘してきたので埃だらけ

 本日届いてスピーカーを取り付けようとしたが、持っていたスピーカーは10cmということにはなっていたけれどFOSTEXよりは半径が小さいらしく、具合が悪い。急遽、ベニヤ板でサブバッフルを作り二段構えで取り付けた。きっかけとなっていた新しいアンプは横浜に置いてきたため、昨年の付録アンプを使って鳴らしているが、これが予想外にいい音がする。最近よく聞く「Jango」というインターネットラジオの「American Standards」を聞いているが、楽器の音もボーカルもやさしい音である。のんびりとこんな古いスタンダードナンバーを聞くには最適のような気がする。近いうちに居間の鴨居にでも取り付けようと考えている。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。