軽トラというものはコストダウンの塊である。エアコンのフィルターまで自分で買って点けなければならない、なんていうことも書いたことがある。「キャリー (DA63T) のあれこれ」 カーラジオもその典型的なもので、スピーカーは1DINの本体に組み込まれている。音は昔のトランジスターラジオ程度のものだ。だから本体を普通のカーステレオに取り換えて聞くなんていうこともできない。やるとすれば、ドアにスピーカーを取り付け、スピーカーケーブルも這わせなければならないから、事実上禁止されているようなものだ。

0c82b393.jpg


 何とかしようと、iPodと小型SPを載せてみたり、iPod対応のポータブルラジオを載せたこともあった。しかし、iPodのコネクターほど弱いものはなく、すぐに壊れてしまった。しばらく諦めてモノラルラジオを聴いていたが、最近になって音がひどく割れるようになってしまった。こういったことに詳しい弟の見解ではスピーカーのコイルがフレームに触っているんじゃないかということだが、そんな感じもする。

03165860.jpg


 年末からいろいろ考えていたんだが、結局こんな中華ラジオを買ってみた。もともとSONYの全バンド聞ける古い(しかし高級な)ラジオをいつかは買おうと思っていたので、よっぽど買ってしまおうかと思ったが、振動やほこりなど劣悪な環境だからちょっともったいないと思ったし、迷っている間にamazonの最安値が2000円も上がってしまったためそれは諦めて、この中華ラジオにしてみた。いわゆるBCLラジオというもので、すべての機能が入ったLSIで作られており、結構高機能なものらしい。一応手元に置いて使いこなしてからマジックテープでキャリイに取り付ける予定。世界中の短波放送、地方の中は放送なども聞けるらしいので、それもまた楽しみである。もしかしたら手放せなくなってキャリイにつけなくなるかも。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。