今日は、高校時代の友人が2名遊びに来た。うち1名は初めての来訪、もう一名は前にも来たことがあるが、風邪気味で家族が外で遊んでいるときに家の中で寝ていたため屋外はあまり知らない。ということで農場内のツアーを行った。
 畑・田んぼ・ハウス内から山を案内したあと竹藪に入る。そこで大変なものを発見した。写真は控えるが鳥の羽が一枚、それも赤い羽根のような一本の羽根ではなく、片方の羽である。ちょっと離れたところに反対側の羽が落ちていた。他の部分は見当たらなかったので食われてしまったようだ。羽をみても死亡推定日時はわからなかったが、12/27に「来なくなった」とBLOGに書いているから、2週間以上前の出来事だと思われる。
 最近どうもアオサギがやってこなくなったと思い始めてから久しいが、私の遊び相手(ロケット花火の的)は竹藪の中で何者かの餌になっていたというわけだ。アオサギはかなり気性が荒く、それに鳥の中でも大きい方なので、カラスなどが襲って殺すことはあり得ない。イタチなども元気なアオサギは手におえないだろう。猛禽類もそこまでやるかなあという感じだ。考えられることとしては、フクロウが夜襲ったとか、けがなどをして飛べない状態のアオサギをカラスやイタチなどが襲ったというものだ。
 
 ところで、今日は友人の一人が(去年の春ごろ?に)買ったカレラ4でやってくるというのが大きな目的だった。ドライバーさんは運転に疲れたのか、帰る前にまた昼寝。どうも普段忙しいということもあるのだろうが、この田舎家にやってくるとのんびりして眠くなるというようなこともありそうだね。亡きアオサギ君の代わりにカレラ4の部分写真をアップしておこう。

f0b7d37c.jpg


254ab0ad.jpg


 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。