沢水配管パイプが埋没していた泥は、臨時措置として道路の側溝に落としていたが、本日でようやく側溝からかき出して敷地の一部に積む作業を終えた。火曜日に降った雪を大多喜町が出した重機で側溝に寄せてあったため、5割くらいは余分な仕事が増えた感じだったが、道路の除雪は大切なことだから文句を言うわけにはいかない。

ドブさらい前とあとの比較
14c5092b.jpg


8428663c.jpg


 範囲としては60~70m位だと思うが、幅20㎝強の側溝の中から堆積物を取り出すわけだからバックホーも使えないため、肉体労働の連続である。ただ、丸一日かけた日はなかったから、2.5人日程度の作業だった。今日の最後の2時間ほどは、様子を見に来たカミさんが手伝ってくれたため、何とか本日で終了した。これで地上配管部分は完全に露出したので、メンテナンスは楽になるだろう。しかし今日の午前中、水源地から道路までの配管の継ぎ手部分が外れていて水が来ていなかった。次の仕事として水源地周辺の整備が待っている。

堆肥の山の出来上がり
554beaba.jpg

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。