昨日の午後、ご近所さんがやってきて、「ハウスを作ってくれないだろうか」という相談。なんでも、雪で古いハウスがつぶれたようで、注文した材料が届いたけれどどうしていいかわからないということでやってきたらしい。毎朝うちの前を散歩で通るのだが、うちのハウスが綺麗にできているという話もしてくれたので、おだてられたらやらねばならない。それに息子さんは土建業をやっており、小屋作りの時には大変世話になっている。まあ、ご近所の人の手伝いはやらねばならぬ、お互い様だ。幸い、今はハウスの苗の番がメインの仕事、やることはいくらでもあるが、1日弱のハウスの仕事なら何とかなるだろう。
 ということで、昨日は位置決めをして柱を数本建てたのみ。うちのハウスではえらく役に立ったパイプヌキサシ君だが、今回は径が細く役に立たなかった。そこで先方のおばあちゃんと二人で力技、柱を建てたあとは一人でこつこつと組立て、3時ごろ完成した。3坪だとあっという間である。

7acefb78.jpg


 実は写真のの手前部分に12.5坪(おそらく2.5間×5間)のハウスを建てたいという希望もあって、2棟分まとめて位置を決めたのだった。5月の後半は田植えだからできないといっておいたので、その前にまた声がかかりそうだ。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。