e710cfb3.jpg


 今のところ田んぼはほぼ満水状態だが、例年通り今月上旬から農事用電力の契約期間に入っており、またいつも使用開始時にはいろいろなトラブルが発生するため、本日通水試験を行った。確認している不具合は、2号田んぼの給水部付近でパイプが外れていることのみで、これは接着した。電源の接続は、昨年と同様川のポンプは正回転、上のポンプは逆回転という設定でOK。
 ポンプ稼働時間は次の通り。
     今回   昨年(2) 昨年(1)  一昨年
出る   155   108    92   120
止まる 122   157   213   140
時間は測定してるが、ポンプの能力などの詳細はまだ検討していない。

2254d01c.jpg



 ところで一応水は出たのだが、様子を見ながら山の下草や雑木の整理をやっていたら、足元を水が流れている。流れを上に辿っていくと、1号田んぼの水口にたどり着いた。しかし、パイプに異常はない。ちょっと掘って調べてみると、パイプとほぼ同じあたりから水がどんどん流れている。漏れるというよりは流れるという感じ。どうも塩ビ管の下を穴が走っており、田んぼの水がそこから流れ出ていたのだった。通路を横切っているパイプを掘り起こし、あらためて埋め直してパイプの出口を上げ、畦板で漏水防止措置を施した。これで田んぼの水は大丈夫。

386b1d39.jpg


e728d0d6.jpg



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。