昨年から永い間ハウスの中で育ってきたソラマメは、ようやく収穫時期を迎えようとしている。先週のことだが、ソラマメの葉に虫がついているのを発見した。イカにも悪役そうな人相だったので、とりあえず取って潰し、あとでインターネットで調べてみた。初めは「ソラマメ 害虫」でgoogle検索してみたが、どうも引っかからない。いろいろ後ろのキーワードを換えて検索したところ、どうやら「ななほしてんとう」の幼虫とサナギらしいことが判明した。

3c439c3a.jpg

    中央部に成虫、右側に幼虫、左側にはサナギ 
    害虫風だが、実は益虫。見かけても殺さないように    

 これは大変だ、ソラマメといえばアブラムシがつきものだが、それを食べてくれる益虫だったのだ。どうりで害虫で検索しても出てこないわけだ。全部駆除してしまったんじゃないかと心配したが、その後は無事にテントウムシが発生している。ただ、うちのソラマメはアブラムシ対策のために上部の茎を切ったりしているので、今のところ餌になるアブラムシも見当たらないのである。ソラマメ以外もハウスの中にはあるので、引っ越しなどせずにうちのハウスを住処にしてほしいものだ。
    
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。