74d2aa73.jpg


 この雨で「うちの田んぼの水源地はどうなっているだろう」と見に出かけたら、見たこともない状態になっていた。山から出ている水がガタガタの堰を簡単に乗り越えて、さながら滝のようになっていた。昨日からその水は道路わきの側溝に流し、うちには入らないようにしていたのだが、大元の堰が破れているからほとんど流れてこなくなっている。道路から堰までの間に雪で倒れた木があって、四つん這いで行かねばならず、今のドロンコ状態ではちょっと直しに行く気にならないが、明日は水が出るようにしておかねばならない。
 
bd54bb2c.jpg

 
 次は池だ。これは分校跡(蕎麦屋)の隣の雑木林である。夏にはカブトムシが採れる場所として一部には有名らしい。さっき通りがかったら、ここに水が溜まり池のようになっていた。ちょっと気になるのは、ここに無数にいるはずのカブトムシの幼虫たちだ。時期としてはそろそろサナギになっていると思うが、地中や転がっている朽木の中にいた幼虫は死んでしまうだろう。まあ、うちの堆肥の中には結構いたはずだし、自然の中でカバーはできると思う。
 
2d8206de.jpg

 
 こんな雨で、田んぼは満水状態。ただ、土手の崩壊などには至っていない。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。