無農薬でコメを作ろうと思うと、一番大変なのが草対策である。実は、虫や病気はこれまでの5年間を振り返る限りでは全く問題がなかった。イネ自体が健康に元気に育てばそういう敵は跳ね返せるが、足元に生える草はイネが自分で取るわけにはいかないので、我々の協力が必要なのだ。そんなわけで、6月の1か月間の私の主な仕事は田んぼの草取りになってしまう。これまでも市販の道具を使っていたが、もうちょっと楽で使いやすいものがないかを考えて試作したものがなかなか具合がいいので、一部繰り返しにはなるが材料や作り方などをここでまとめることにする。

 今日は1番目の試作品材料を購入したHOMES新山下店に出かけ、あらためて品名などを確認しながらもう一組分買ってきた。畑の仕事の合間にカミさんにもやってもらおうと道具も作っておくことにしたのである。
 さて、部品を説明する。点数は極めて少ない。

6403c2fe.jpg


5b29ab77.jpg

  
  (1)アルミ丸パイプ  1.0×18φ L2000 1本
  (2)HI継手 HI-FS13青           1個
  (3)ブループラグ V133BP 13       1個
  (4)HI継手キャップ HI-C13青       1個
  (5)ホースバンド                 2個
  
 今回は(3)をテストプラグ(赤)に変更した。単に識別用のために色を変えてみた。また、1号機では端末をソケット+HIパイプ+キャップとしたが、今回は(4)1個で簡単に済ませることにした。

f65afd7a.jpg



843a1767.jpg

 
 組み立ては簡単だ。アルミパイプをHI継手に突っ込み、その継手にプラグをねじ込む。プラグにはドリル(4mm)を使用して対面する2カ所に斜めの穴をあける。この穴に折り曲げた4mmの番線を差し込み、ホースバンドで緊結する。ホースバンドは針金端部を止めるようにすると、何かに引っ掛かったり、持っていて怪我をしたりすることを防止できると思う。
 針金の形だが、最初は単なる円形に近いものにしたが、イネの向こう側(背中側)の草を取る際にやりやすいように最終的には変形ホームベース型とした。

27bcd9a4.jpg


 前に使っていた「削ったろう」は、刃または鋸刃状になっていたので、深く潜らせると根ごと引き抜き、表面で引くと木が切れて根が残る感じだったが、これの場合は切れないので根っこごと引き抜くことになる。どちらがいいのかはまだちょっとわからない。浮いている草が再び根を降ろす可能性もあるので、現在は深水管理としている。また、根が針金に巻き付きがちなので、このあたりは何か考えたいところだ。パイプは2mあるため、守備エリアは広く効率は良い。ただし、いくらうまくやってもイネにくっついている草は取りずらいので、這いつくばって手で取るという最終作業は残っている。それはどんな道具を使っても仕方のないところだろう。

3527f84f.jpg

 
 材料費は千円程度のものである。冒頭に書いたように、コメ作りで最も大変だから除草剤も使いたくなるのだが、それでは世の中にあるコメと結局同じものになってしまう。せっかく自分で自分や家族のために米を作るのだから、この辺もこだわって作ってみたらどうだろう。とはいうものの、私も現在60代半ばである。いつまでどこまで体が言うことを聞くかはわからない。体がついていけなくなったら、田んぼを潰して水が流れる庭にでもするとしようか。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。