今朝6時半ごろ、「古時計」のメロディで起こされた。カボチャ畑のところに仕掛けたセンサーが反応したのである。取るものとりあえず玄関から棒を掴んでとび出てカボチャを見に行ったら、若いサルが慌てて逃げるところだった。カボチャ畑はカミさんの領分で、私じゃどうなっているのかよくわからないが、すぐに跳んでいったから大丈夫だと思う。昨日仕掛け忘れていたキュウリ棚の前にセンサーを設置していたら、もう一匹のサルを発見。これもすぐに逃げたが、そこにもセンサーを設置。サル対策としては合計3台となった。
 そのあと、お隣のおばあちゃんがやってきた。「今朝50匹くらいの群れがやってきて、トウモロコシは滅茶苦茶、熟していたスモモも全滅だった。お宅は大丈夫?」 うちはその大群の一部が流れてきたらしい。昨年の同時期にも大群がお隣を襲ったが、トウモロコシはよほど好物らしい。
 ということで、大きな群れがこのあたり駐屯しているようで、当分(お隣のトウモロコシが全滅するまで?)警戒が必要だ。なお、うちのカボチャもターゲットになっている可能性も高く、センサーを活用して守り切りたい。今晩はロケット花火と爆竹を用意して寝ることにしよう。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。