一週間ほど前に、「生き延びたカボチャ」というタイトルで記事にしたのだが、坊ちゃんカボチャがサルにやられて壊滅状態だったのに、横に並べて植えていたロロンカボチャは無事だったことをお伝えした。木更津の仲間が直売所に出品してくれた青ウリと見比べると、「ああ、なるほどネ」と理解できた。

1fa0b5e5.jpg

    上が青ウリ、 下がロロンカボチャ

 千葉では「ハグラウリ」とも呼ばれポピュラーな存在だが、キュウリに近い柔らかい瓜だ。もちろんカボチャとは全然違うのだが、サルたちはロロンカボチャを青ウリと思いこんでいるのだろう。サルはキュウリも食べるのだが、カボチャに比べると優先順位はかなり低く、何もないとき仕方なくという感じではないかと思われる。ロロンカボチャは、普段カボチャを食べなかった人でも食べる(ご近所の実話)ほどだから、一度食べられたらひとたまりもないんだが。来年はネットケージの中でカボチャを作るので、こんな話題はなくなるはずだ(きっと)。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。