8月20日に発生した沢水配管の塩ビパイプ破損事件が再発した。前回は継ぎ手部分を中心に5カ所叩き割られていたが、今回は1カ所、しかし5mほどの区間の両端と中間2カ所を割られ、パイプの一部は放り投げてあった。

1dd79a0e.jpg

    ガードレールの両端部分を叩き割られた

 前回はちょっとしたいたずらかもしれないということで、粛々と補修して様子を見ることにしたのだが、今回は警察に連絡して駐在さんに来てもらい、器物破損ということで被害届を出した。うちの前の町道は3Kmほど奥で法面崩壊のため不通となっており、地域外の人はまず通らないのだが、繰り返しとなると行きずりの人の仕業とは思えなくなってくる。地域の皆さんとは特に問題も摩擦もないんだが、困ったものである。
 一応、警察に届けたことや壊さないでほしいというお願いを書いた看板を置いてみたが、さて効果があるだろうか。一応、赤外線付の防犯カメラの手配を始めた。設置場所や方法なども検討中である。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。