今日の午後、15時から16時台に雨が降るとの予報だったので、これに合わせて作業を進めた。田んぼの土は2回ほど耕耘しただけでは大きな塊となっていて、いかにもタネから芽が出そうにないため、昨日の例のカブト幼虫の棲家から堆肥+腐葉土を取り出し、畝の上に撒いた。この準備を済ませてからタネを播いた。

5d9f0592.jpg


 2号田んぼは、L=20mの畝を4本作ったが、左から山東白菜(1畝)、ほうれん草(1畝)、聖護院カブ(1畝+1/3)、最右列ソラマメ(手前から1/3)、菜花(中央1/3)、聖護院カブ(奥1/3)を植えた。

2271184f.jpg

    右の単管稲架は、滑落などもなくちゃんとしている

 3号田んぼはL=25mの畝を5本立て、左から2列は山東白菜、真ん中が小松菜、右から2列目小カブ(手前4割)、四季播き小カブ(奥6割)、最右列は種切れ。
 どちらも保湿と保温のため、種まき後にハーベスターが吐き出したワラ屑を撒いてある。撒いている途中に雨が降り出し、ちょうどいいタイミングだった。これから冬にかけ、このワラ屑とワラ束、それにモミガラや燻炭などを使って、十分な防寒養生を行えば結構収穫できるのではないかと期待している。期待は外れることもあるのだが。
 
08b811e5.jpg

    田んぼの土はこんな状態、ゴロゴロかたまっている。
    乾いてからもう一度耕耘すれば少しはましになるはずだが、
    どんどん寒くなるので急がざるを得ない。
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。