今週も火曜日の直売所終了後に農場に出かけてきた。お隣さんからの連絡はなかったし、勝浦の最大風速は15m程度で先週の半分程度だったこともあり、あまり心配はしていなかったが、先ほど見回ったところでは特段の問題は見つからなかった。しかし、異常気象で大型で強い台風の発生頻度が上がるとなると、ハウスの風対策も必要ではないかと思えてきた。

e6995403.jpg

    山からの水は右から左へ向かう、大雨の際はねじ蓋を開ける

 日曜日、横浜に帰る前に沢水の配管にはちょっとした仕掛けをつけておいた。今回のように不在中に大雨が予想されているときに、増加した沢水のかなりの部分を放流できるようにしたのだった。配管の途中にチーズを取り付けておき、まっすぐの方向には点検口を取り付けてある。点検口を開ければかなりの割合の水が配管の外に出て、そのまま側溝に流れ出るということになる。今晩確認したところでは期待通りに少なめの水が田んぼに入ってきていた。これまでは配管の途中を外してそこにエルボでパイプを取り付けるというちょっと面倒な作業が必要だったが、これでネジ式のふたの着脱で済むことになった。

 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。