某番組(先方の意向で番組名などはもう少しあとで!、番組名を見た方は忘れてね!)の取材などは続いている。今度は難しい要望が出てきた、「サラリーマン時代の写真ありませんか?」というもの。40数年間勤めていたが、仕事場で写真を撮ったことなどは全く記憶にない。撮ったとしても保管しておくことなどしなかった。
 幸か不幸か、1990年代にはマスコミにあれこれ露出したことがあったのでそれを調べたら、当時の仕事場で取材を受けたときの写真が記事の中に見つかった、20年前の私だ。サラリーマン時代の最初から最後まで机の上は散らかっていたが、この写真でもその様子がうかがえる。まあ、取材があっても片付けなどはしなかったらしい。

2deb34fb.jpg


 で、一応この記事を送ってみたが、版権の問題を確認しないと使えないらしい。出版社に聞いただけではだめなのだろうか。ADさんの要望で2ページ目を確認したら記者名は書いてあったので、何かの糸口になるかもしれない。
 それにしても、仕事をしているときの写真はない。せいぜい会合の記念写真くらいだ。特にサラリーマンは単にデスクに座っているだけだから、あまり画にはならないし、そのような機会も少ない。そもそもどんな仕事をしているかなどということは子供にも説明しにくいような気がする。新入社員の時に一緒だった先輩は、子供さんの作文の中に「お父さんは会社に行って、麻雀とかをやっています」と書かれたとがっかりしていたが、そんなものかもしれない。現役の皆さんは、仕事をしている写真を1枚くらい撮っておいた方がいいのではないかな。

3a5cad0e.jpg


 そんな様子を見ていたカミさんが、「その写真はひどい、もう少しましなものがあった」ということで1枚の写真を出してきた。ごみ整理中に見つけて一応とっておいたらしい。20年ほど前、臨海副都心の建設が盛んだった時期のもので、当時はそのあたりの現場を統括する出先の事務所にいたのだった。通勤が不便だったので車で通っていたが、使っていた車の前で撮ったものだ。この車は、もう少し後に本社に転勤になったあと、毎週大阪への出張往復に使った走りに特化した車である、あのころは若かったなあ。

 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。