今年は、沢水利用の停止やそれに関連したポンプの増強などを行った。現在のところ、毎日8時間の運転で水は間に合っている。農事用電力料金は8千円/月ほどで、昨年までよりは当然増えているが、このくらいならしかたがないと思うレベルである。

0626川からの水.jpg

 畑には水は殆どやらないが、ハウス内は養液栽培の水補給を含めてある程度の水は必要、これについては井戸からパイプで引き利用している。これらは沢水を利用していたものだが、井戸に変更したけれども電気代は目立って増えてはいない。
 浅井戸用ポンプはそろそろ寿命と思われ(実際のところ、引っ越してきた当時は動かず,CRCをふりかけてなんとか動かした)、それを効率のよいものに交換して田んぼに井戸水も入れようと思ったが、立米単価は5倍ほどになるため(5円と25円/立米))実施を見送った。ただ、太陽光パネルを使って電気を作り井戸水を汲むということは検討しており、できればやってみたいと考えている。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。