08142号用水槽1.jpg

 1号ハウスから給水パイプを延ばし、2号ハウス内に500Lローリータンクを設置した。隣には80Lのタブを置いたが、これには井戸からの(直接)配管とローリータンクからの注水の両方が可能な形にした。また、タンク自体は3段に積んだパレット(約40cm)の上に設置したが、これはハウス内に自動潅水できるようにするためだ。
 あとは、そろそろ届くはずの24V水中ポンプを井戸に沈めてこれでも揚水することと、その後にはソーラーの電力でこれを行うようにする作業が続く予定。

08142号用配管0.jpg
08142号用配管1.jpg
 
配管は地中に埋設、これは露出状態で漏れていないかチェックしているところ。こんな形で結構塩ビ管が畑の中を横切っている。図面化しておかないと、あとでわからなくなりそう。


 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。