2週間ほど前、眼科に出向いてメガネを作った話は書いたが、今週それが出来上がってきた。今までは、眼科ではなくメガネ屋に行って作っていたから、わざわざ眼科に行ったのは初めて、それと前の記事で簡単に書いたけれど、今回は一度に2つのメガネを作った。これも初めてである。
 一つ目は遠近両用というか2焦点レンズのもので、レンズの下のほうが老眼鏡となっているもの。今までのメガネと基本的に同じだが、2焦点の中心間距離を少し小さくしたものにしてもらった。
 もう一つは老眼用だが、ピントが合う位置を少し遠目(40~50cm)にしてもらった。これはPCやタブレットを操作するときの距離に合わせたのである。

0827メガネ.jpg

 それで、新しいメガネの第一印象は「よく見える」だった。私には加齢黄斑変性症という持病があり、厳密にはいろいろ歪んで見えているんだが、何故か今度のものはよく見える。それに、どうやら永年付き合ってきた乱視もあまり入っていないらしい。目というものも数年経つと色々変わるようで、3年おきくらいには作り替えたほうがいいのかもしれない。それに、顔の前でずっと頑張っているし、過酷な環境刺激にさらされているしある程度消耗品と考えるべきだろう。
 ただ、2つを掛け替えるのは少し面倒だ。もらったメガネケースを一つだけ使い入れ替え制にしているが、2つ併用のメリットを感じないと2焦点のメガネのみになりそうだ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。