この辺りでは、だいたいどこの家でもカボチャはサルにやられる。うちでも、最初のうちはサルに認めてもらえず被害はなかったが、最近数年は少なからず被害がある。昨年の場合は五分五分よりも分が悪かった。
 そんな状況だから、カボチャをケージの中で栽培しようというのが今年の考え方だった。昨年枝豆栽培で試行したパイプによるケージを初夏に組み立てて、その中でカボチャを空中栽培で育てたのだが、結果は人間様の完勝に終わった。ケージの中のカボチャはもちろん無事だったが、ハウス脇に余った苗を植えておいたものも100%無事だった。一種陽動作戦のようなもので、ケージ外のカボチャはサルの目に入らなかったらしい。カボチャ担当のカミさんは大変な喜びようであることから、来年は今年の3倍(20平米→60平米)程度に増設しようと考えている。
 このケージの作り方は「サル対策ケージの作り方」というタイトルで記事にしたことがあるが、組み立ても解体も簡単である。今日の解体は1.5人がかりで2時間といったところだった。一つ気になったのは、ケージの内側に空中栽培用の棚を作っているのだが(二重構造)、この柱を2mのパイプで組んでいるため、頭が当たらないように20cm強しか土に打ち込んでいない。このため、一部沈下が見られた。外側の檻は2.7mのパイプで組んでいるので、来年は棚もこの柱で(共用の形で)組もうと考えている。
 
1009サルケージ解体.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。