0108ユンボのオイル交換.jpg

 主にシーズンオフのインフラ改良に活躍するマイクロユンボは、今から4年前に譲ってもらい(マイクロユンボが到着、さっそくテスト)、以降使い続けているものだ。当初104時間だったアワーメーターは250時間を超えているが、4年間という時間を考えるとまだまだ活用しきれていないかもしれない。ただ、何の作業もこの機械だけで完結するものは少なく、間に手作業などが入るから農家としては使っている方かも、と思う。
 長い間使っていなかったためだろうが、最初に油圧シリンダー関係が全滅し大修理をしたが、それからは基本的に健康であり、いろいろな仕事を地道にこなしてくれていた。しかし、このごろは冷間時に白煙を吐くなど、少しくたびれたようなそぶりも見せていた。そういえばオイルも替えていなかったなと思い出し、もともとのオーナーでもある農機具店さんに交換を頼むことにした。まあ、自分でもできるだろうけれど、ディーゼルエンジンなど触ったこともなかったし、一度お願いして見学してみようというところだ。

0108ユンボのボルト位置.jpg

 0.5tというコンパクトなサイズだが、エンジン回りの余裕も超コンパクトで、手を入れにくく油まみれになるようなところにドレーンボルトはあった。真っ黒でカーボンらしき沈殿も多いオイルの代わりに新しいエンジンオイルが入り、気のせいかエンジン音も軽快になったように感じた。これからもどんどん働いてもらおう。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。