今日は配管工事の日、川水揚水管を先行させることにした。当初は前の配管のまま太くするつもりだったが、現地調査の結果に基づき(若干だが)ショートカットさせることにして、既存のパイプも併存させることにした。新設パイプは、もっとも高い位置にある1号田んぼに直行させ、2号3号に注水する場合は古いパイプからの栓を利用することにしたのである。
 工事自体はいつも通りで順調に終了、早速カミさんに手伝ってもらって水量を測ってみた。60Lのタブが12秒で満水になったので5L/秒、1時間では18立米ということになる。この数字、実はポンプの性能曲線や配管抵抗の計算結果からの推定値とほぼ一致した(ポンプの効率向上について)。この領域はいかにも難しそうで自信はなかったけれど、予想ピッタリでとても嬉しかった。明日のソーラー井戸ポンプの結果はどうなるだろう。

0325配管増強後.jpg

 1号の出水口だ。古い方の細いパイプからも出ているが、メインは太いパイプの方。合計で18立米/毎時程度とみられる。
 

0325配管分岐箇所.jpg

 川から上がってきたパイプの途中から分岐させている。直立しているのはポンプ停止時の負圧を逃がす弁(自製)、それから手前側は古い配管でそのまま残しておいた。負圧防止弁は、若干水は漏れているが(滴る程度)、うまく機能している。

0325新短縮ルート.jpg
 
 ショートカットの配管、土手をバックホーで切り開いて設置した。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。