昨日と今日で4枚の田んぼを一通り代掻きした。これで水もちはかなり改善した模様であり、今日から稼働時間を6時間から4時間半に短縮、25%減である。

0401田んぼ代かき中.JPG

 ところが、昼過ぎに井戸からの水が出なくなった。井戸のそばに近寄るとモーターの音は聞こえる。オンオフを繰り返すとモーターが起動しないこともあるようだ。これについてはちょっと気になることがあった。Φ40×80mのパイプの中には、約100Lの水が入っている。モーターが停止するとすべての水がポンプ内のプラスチックの羽根をめがけて降りてくるわけだ。何らかの影響はあるんじゃないかと懸念していた。
 ということで、ポンプの状態はともかく逆流防止弁を考えて作ることにした。そういえば、川水の揚水配管の最後部にも弁をつけたが、今回は違う仕組みのものにしてみよう。それは後回しにしてポンプを上げて分解してみた。羽根でも折れているんじゃないかと思ったが、見たところ異常はない。とりあえず羽根の軸を交換して組み付けた。

0401ポンプ不調.JPG

 逆流防止弁だが、他の買い物もあったので君津のジョイフル本田まで出かけて行き、必要な物は買ってきた。塩ビ管接続用の継ぎ手と20mmの真鍮玉を組み合わせて作る予定だ(逆流防止弁の詳細は明日掲載予定)。明日は、少なくとも午前中は雨らしいので、その間に製作と取り付けを行い、ポンプを復旧させる予定だ。地上で試運転はしてみたが、揚水量の確認はできていない。問題なければいいが、一応予備のポンプはあるのでいざとなればそれを取り付ける。また、アリババでもう一台予備ポンプを購入した。セールだとついいろいろ買ってしまうな、病気かも。

0401出番待ちの真鍮玉.JPG


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。