0420乾いた田んぼ2.jpg

 昨夜農場にやってきたら、田んぼに水が入っていない。これで2週連続のトラブルだ。ただ、不思議なことに3号はほぼ満水状態だった。これは理由がわからない。とにかくポンプのスイッチを入れて一通りチェックだ。先週原因となった田んぼ脇の新しい配管をチェック、だが異常はない。次にはイノシシがいそうな竹やぶに入り、川から駆け上がっているパイプをチェックする。そうすると原因判明、先々代地主さんが敷設したライト管が割れて私が補修したところ、そのあたりからすごい勢いで水が吹き出ている。完全に割れていないようで、それが3号へのパイプからのみ水が出ていた原因だった。とにかくポンプのスイッチを切って家に戻り対策を立てることにした。
 今朝、再び現場に行ってみる。チェックしたところパイプは割れておらず、継手部分の接着が剥がれているようだった。パイプ交換の材料は持って行ったが、再接着だとヤスリが必要なので取りに戻る。メッシュのヤスリで接合部を削り接着剤をたくさん塗って慎重に嵌めこむ。ここをちゃんとやらないと後でまたトラブル発生だ。1時間ほどたけのこを掘りながら待ってポンプを動かすと、問題なく水が揚がってきた。
 一応直りはしたが、これは応急措置。川からの立ち上がり部分には古いライト管(薄いパイプ)が残っており、ほとんど同径のVU65に交換することにした。ライト管は安いけれど強度的には十分ではないし、継ぎ手の部品単価は高い。それに、茂原のカインズまで行かないと買えないのが大きな問題なのである。明日は夕方から雨になりそうなので材料を買いに出かけ、今週中にはパイプを交換するつもりだ。また、今回もソーラーポンプは動いていなかった。こちらにも対策が必要らしい。
 
0420乾いた田んぼ.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。