昨日夕方に発生した川水揚水系統のトラブルは2箇所同時(?)に発生したもので、いずれもパイプ接合部(ソケット)が外れたものだった。

0513破損箇所0.jpg

 一箇所は昨日復旧済みだが、負圧防止弁を設置したあたりで、原因は接着不良だったと思われる。


0513破損箇所1.jpg
 
 もう一箇所は崖を駆け上がるパイプの接合部で、恐らく数十年前に設置したところで、経年変化により接着が剥がれたようだ。
 
 この揚水系統全般的に言えることだが、ポンプのオンオフで圧力変化による衝撃が発生しているようであり、これにより接合部の劣化が早まっているかもしれない。今朝のところは、田んぼに水をいれることが急務であり、とりあえず外れた箇所をサンドペーパーで削り再接着し、水を出した状態で脇に新しいパイプを設置した。ただ、両端部の接続替えにはある程度の時間もかかるため、水を止められる時に行うようにした。下(川)のポンプ側配管は、約15mほど径50mmとなっているが、この内10mほどをVP65に交換する。水量にはあまり影響はないと思うが。
0513配管工事1.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。