農業をやっている場には結構危険な箇所がある。うちの狭い農地でも、いたるところに崖や斜面はあるし、川に降りる竹ヤブなどは障害物の連続で気は抜けない。しかし、そういうところでは意外に怪我に繋がるようなトラブルは多くない。
 うちで一番事故が多かったのは田んぼから家の方に降りてくるスロープの下だった。普通の生活と農的生活の境目の部分だが、こういうところに危険は潜んでいるのだろう。家の玄関前はもともと土だったが、2010年5月にコンクリート土間にした。これは大正解で、生活の中の泥は減ったし何より作業スペースが大幅に拡大した。しかし、このスロープ下のレベルがちょっと下がっていること、それからスロープの上の土が流れ落ちることが重なり、泥が溜まってくると非常に滑りやすくなる。何回か滑ったことがあるカミさんには、踵ではなく親指に重心を置いて歩くように注意したりしていたが、一昨日ついに私が滑ってしまった。理由はいろいろあるが、基本は油断である。先週も遊びに来ていた姪っ子のむすめが同じ所で滑っていた。

0818滑り止め.jpg

 ということで、本日鴨川の郵便局に国際eパケットを出しに行ったついでにすべり止めのマットを買ってきた。30×30の正方形のものを6枚組み合わせたものをカインズで570円で売っていた。これを2組だから60cm×180cmのマットになる。これを敷くことで一応危険防止は図れそうだ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。