1207ホテルの離れ1

 ちょっと前に農閑期旅行を計画した。温泉なら草津だろうということで、比較的中心部にある大きな旅館を予約していた。本来なら先週2泊3日で泊まっていたはずなのだが、予約直後に折込の伊東園ホテルのチラシが目についた。ご存知とは思うが、傾いたホテルや旅館を手に入れて格安で泊まれるチェーンだ。基本的に食事はバイキングで布団は自分で敷く方式である。我々夫婦は12月が誕生月なのだが、その場合3000円/泊の割引となると書いてあった。元が安いのに更に安くなるというから気になった。特にチラシに載っていた大仁ホテルは激安ホテルマニアの弟も泊まったことがあるそうで、伊東園の中ではお薦めという評価だった。更にそこに絞って調べると、大仁ホテルの離れで2泊15,000/人という更に安いプランが見つかり、草津はキャンセルしてここに決定したのだった。

1207三島のうなぎ

1207反射炉


 湘南の海沿いから箱根を越え、三島でうなぎを食べ韮山の反射炉を見て到着、チェックインは15時だったが1時間ほどの早着だった。30分ほどロビーのソファーで待って部屋に入った。離れというのは昭和の香り漂う木造住宅で、考えようによってはなかなか味わいがある。私の父親は役人だったから、子供の頃は全国各地を転々としたが、住んでいたあちこちの官舎がちょうどこんな感じだった。隣の離れは長嶋茂雄さんがシーズンオフの自主トレのときに泊まったという富士の間だった。目の前はかなりきれいに管理された庭園で、快晴ならその向こうの正面に富士山が見えるはずだが、今日は雲をかぶっていた。一休みのあと風呂に入ったがここからも真正面に富士が見えるはず、しかし夕方近くなっても大きな帽子をかぶったままだった。風呂で並んで浸かっていたおじいさんは連泊したそうだが、昨日の富士がすごかったと言っていた。明日明後日も逗留するので期待したい。

1207ホテルの離れ

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
  ブログ人気ランキングに参加しています。一日一回バナークリックで投票してください、お願いします。